私たち そして子どもたちの未来のために残すべきもの...
環境保護活動

天草・路木ダムの再検証を求める全国連絡会

overview

会の概要
天草・路木ダムの再検証を求める全国連絡会
代表 : 笠井洋子
所在地 : 〒863-0101 熊本県天草市新和町小宮地10823-23  
e-mail:by6767@castle.ocn.ne.jp
目的
ここ数年来、路木ダムを中止させるための運動は、天草を中心に漁師、真珠養殖業、市民グループなどの人たちで進めてきましたが、さらにより多くの人たちに呼びかけていくため、新たに「再検証を求める」という趣旨で訴えていくことを目的とし「天草・路木ダムの再検証を求める全国連絡会」は2010年10月に23団体の賛同を得て結成しました。
これまでの活動

・熊本県知事に「路木ダムの再検証を求める」要請
・熊本県議会に請願書を提出「市民討論会の開催を求める」
・天草市議会に要望書を提出「市民討論会の開催を求める」
・市民集会の開催

"ROGI"

路木ダムが造られようとしているところはどんな所?
天草・羊角湾に注ぎこむ路木川の上流に造られようとしています。
上流には全国でもわずかにしか残っていない「照葉樹林」におおわれ、上流から下流まで清流が流れ、生物多様性に富む希少生物の宝庫です。
下流は「海のゆりかご」ともいえる干潟に恵まれ、わずか6kmというコンパクトな流域は養分をたっぷり蓄えながら豊かな羊角湾へと注ぎこむ、奇跡のともいえる貴重な川です。
路木ダムはなぜ反対?
熊本県は水不足・洪水対策を理由に90億円もの巨額な建設費をかけダム建設を計画しています。
しかし県内の市民グループの調査で、治水・利水を目的としたダム建設はまったく意味のないものであることが明らかにになりましたが、熊本県は虚偽のデーターやニセの洪水写真を捏造し建設を強行しています。ダム建設の根拠を明白にするために路木ダムの再検証を求めるとし、国・熊本県・天草市に無駄なダム建設をストップさせるように要求しています。

Pamphlet

路木ダム問題パンフレット 表面
路木ダム問題パンフレット 表面
路木ダム問題パンフレット 裏面
路木ダム問題パンフレット 裏面
路木ダム建設反対運動へのカンパのお願い
路木ダム建設反対運動へのカンパのお願い


Interview

子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会ニュースレター 第45号(2011-03-17発行)
子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会ニュースレター

Link

子守唄の里・五木を育む清流川辺川を守る県民の会

日本一の清流川辺川に建設が計画されている川辺川ダム事業に反対し、公共事業の在り方を問い、清流の豊かな自然を未来の世代に残すため活動する市民グループ
インターネット放送局天草テレビ

世界に発信するインターネット放送局天草テレビです。最新情報をビデオ映像と記事で配信します。